2012年07月08日

大幟柱掘り起こし

dakimini.jpg
いよいよ平成24年大祭の作業が始まりました。
もっとも、何カ月も前から少しずつ作業は始まってましたが、皆、揃っての作業は、本日からです。
朝、7時30分、住吉神社にてお祓い、お神酒をいただいて作業開始です。

今年の潮回りは、干潮が若干遅く、黒木鳥居の建立から始まりました。
神がかりか、潮とともに雲も晴れ、絶好の作業日和です。
これは、川底から掘り起こした大幟の抱木です。
再来週には、ここに大幟の柱が立てられます。
posted by KZ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月21日

平成23年度の例大祭について

住吉神社の例祭(神事)は、例年通り実施されますが、
いわゆる、大幟を建てたり、お神輿を出したりする
本祭りの行事は、来年に延期となりました。
posted by KZ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月28日

天保八角神輿納渡御

h22poster01.jpg
本来であれば、本年は蔭祭りのため、大幟も立ちませんし宮神輿も出ません。
しかし、来年完成する二代目宮神輿にその任を譲ることになるため、担ぎ納めとして、本年の例祭で最後の渡御を行うことになりました。
この納渡御で、百七十余年の間、多くの人々に親しまれた天保八角神輿の勇姿にご期待ください。
なお、今回の渡御では、佃住吉講の揃衣と今回特別に誂えた限定揃衣を着ていなければ八角神輿を担ぐことはできません。

posted by KZ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月01日

宮神輿新調

DSCN0516.JPG現在の宮神輿は、天保9年(1838年)に芝大門の万屋利兵衛により製作された江戸の町に残る神輿としては最古級のものです。
天皇陛下の御座、高御座を擬した八角形の神輿は、「八角神輿」と呼ばれ、昭和三十七年までは海中渡御が行なわれておりました。そのため、神輿の内部まで漆塗りになっていて気密性が高められています。
中央区区民有形民俗文化財として江戸の町に残る神輿としては最古級のものです。
しかしながら、老朽化のため、来年完成する二代目宮神輿にその任を譲ります。

posted by KZ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月02日

奉祝記念巡行本番

fukaya.jpg千貫神輿は、その大きさから神社の鳥居を通り抜けることができません。そのため、いわゆる宮出し、宮入りという祭事はできません。
そこで、千貫神輿の出発には、「発輿」とよばれる儀式が行われます。発輿の挨拶で前衆議院議員深谷隆司さんは、「天皇陛下の御即位20年、天皇皇后両陛下御結婚50年を記念するこの奉祝記念巡行をよい国づくりのためにも立派に成功させてください。」と述べられました。jyunko.jpg巡行は、佃から新佃を進み、千貫神輿は50年ぶりに月島の地に入り、時折強い雨が降りましたが多くの観衆の中、西仲商店街を往復しました。あいにくの天気でしたが、担ぎ手にとっては涼しく、けがや事故も無く、すばらしいお祭りになりました。
posted by KZ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月01日

献燈祭

kentousai.jpg午後6時、佃住吉講の弓張りを持った若衆が出迎える中、新佃、月島各部、二号地、晴海、各町会幹部ら関係者一同が住吉神社境内に集まり、献燈祭が始まりました。okuda.jpg挨拶のなかで奥田柾連合睦会長は、「奉祝記念巡行をけがの無いよう、協力して成功させましょう」と述べ、全氏子地域がここに一致団結しました。
posted by KZ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

千貫神輿奉祝記念巡行

090801sen1.jpg
本来であれば、今年は蔭祭り。
しかしながら、本年は天皇陛下の御即位20年と天皇皇后両陛下御結婚50年を記念して、奉祝記念巡行が行われることになりました。
奉祝記念巡行のお神輿は、佃住吉講の宮元大神輿、別名「千貫神輿」と呼ばれているものです。詳しい説明は、こちら「千貫神輿とは」。住吉神社と言えば八角神輿が有名ですが、通常の例大祭でも佃を出ないこの千貫神輿は、佃の揃衣を着用していなければ担ぐことができないので希少価値としては八角神輿以上かもしれません。090801sen2.jpg
本年は、50年ぶりの氏子地域、月島渡りとして氏子各町の方も参加することができます。詳しくは、各町会・睦の人に聞いてみてください。
そして、今回の奉祝巡行では神輿の四隅に奉祝の冊が飾られ、いつもと違った雰囲気を醸し出しています。先般、宮内庁にご挨拶に伺った際も、行幸のご担当から「立派なお祭りにしてください」と激励のお言葉をいただきました。
さて、今宵の献燈祭から最も短い熱い夏祭りが始まります。お近くのかたは、ちょっとお出かけしてみてはいかがでしょう。
posted by KZ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月04日

クライマックス

miyairi.jpg新佃から担ぎ手達の声が聞こえてくると、いよいよ宮神輿の出迎えの時間だ。
薄暮の中、佃小橋から新佃まで、高張、弓張を掲げ若衆が整然と並んでいる。
新佃の拍子木が鳴り、手締めの音が聞こえると佃の男たちのボルテージは最高潮に達する。
講元の掛け声とともに、八角は最後の巡幸に向かう。夕闇の中、くぐもった男たちの掛け声と時折激しい雷光に照らされる宮神輿は、なにやら妖しい輝きを放っている。
今年の八角は重い。鳥居を抜けるころには、神輿はかなり傾いている。とっくに体力の限界のはずだ。世話人・大若衆が最後の意地を魅せる。若衆の手助けはいらねえ。
「差せ、差せ」の掛け声に今一度八角神輿が高々と上がった。
年番町三部部長の拍子木が境内に鳴り響く。三年に一度の夏が終わった。
次回、平成23年度の大祭は、8月6日、7日、8日の予定です。


posted by KZ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

宮元千貫神輿

sengan.jpg宮神輿が帰ってくるまで、佃の町では大神輿を担ぎます。別名千貫神輿と呼ばれるこの神輿、ただでさえ大きい神輿にもかかわらず、佃の狭い道路にあわせて横棒を切ってしまってあるので、とてつもなく重いのです。さらに女性が加わるとその重さは、何倍にも感じられます。今年の大神輿には、NHKのドラマ「瞳」の出演者も参加しました。担ぎ手に声援を送る一本木瞳役の榮倉奈々さんや飯島直子さんなどが一般の観衆に混じって沿道に見受けられました。担ぎ手には、勇蔵役の安田顕さん、明役の吉武怜朗くん、長瀬役の勝村政信さんが見事に神輿を担いでいました。
もちろん、勝太郎(西田敏行さん)、勇次郎(前田吟さん)も来ていましたよ。


posted by KZ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記

2008年08月03日

枝豆祭り

edamame.jpg佃の祭りは、正式には住吉神社例祭と言い、毎年開催されています。そのうち3年に一度の例祭は、「本祭り」と言って「神幸祭」という神事が加わります。「神幸祭」というのは、神様が社殿からお出ましになり、お神輿にお遷りになって、町内を巡り人々の生活をご覧になるというものです。私たち担ぎ手は、その足となり"やんわり"と神様をお運びしているのです。一方、このお祭りには、もうひとつ「枝豆祭り」という名前があります。祭りの期間中、女衆は若衆のためにいろいろな食事を用意してくれますが、まず欠かせないのが枝豆です。濃いめの塩で茹でた枝豆は、神様をお運びする若衆の原動力なのです。
本日、御旅所まで向かわれた八角神輿は、氏子町内を巡り、明日(4日)の夕方に佃にお戻りになり、いよいよクライマックスの「宮入」となります。


posted by KZ at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記