2008年03月30日

龍神祭

100_0556.jpg今日は、住吉神社の境内社の一つである龍神社の例祭「龍神祭」です。
龍神社には、豊玉比売命、於迦美大神、龍姫大神などが祭られていますが、日本橋白木屋(現在の東急百貨店)の大弁天が合祀され、竜王弁財天として親しまれ、芸能の神様として古来より美人の崇敬者が多いのが特徴です。龍神社の例祭は毎年、巳の日に執り行われ、祭壇には「生卵」が供えられ、祭礼後は奉納者に配られます。コレステロールに注意している私もこの時期だけは、連日玉子ごはんです。
100_0551.jpg
この日の龍神祭には、衆議院議員の深谷隆司先生、都議会議員の立石晴康先生他、地元の有力者の方々のご列席を賜り、盛大に執り行われました。今年は、NHKの朝の連ドラでこの佃島が舞台になっている影響からか、例年以上の参拝者が訪れ、予定より早く甘酒・お汁粉が無くなってしまい、わざわざ来ていただいた方には申し訳なく思っています。来年は、もっとたくさん作っておきますからね。



posted by KZ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

さくら祭り

3月22日から「住吉神社さくら祭り」が始まりました。
佃堀や佃公園は、平成になってから植林された桜が沢山あり、ここ数年でずいぶん立派な桜並木になりました。中央区では一番のみどころです。
先日は、船を出して隅田川から眺めてみましたが、浅草から佃の河口まで隅田川の堤防沿いの中では圧巻です。
ソメイヨシノが中心の佃公園とはうってかわって、住吉神社境内には、しだれ桜や八重桜など何種類かの桜があって、期間中いろいろな桜が楽しめます。
土日には、境内で甘酒やお汁粉のご接待があり、子どもたちや外人さんまで喜んでいただいています。
100_0557.jpg

posted by KZ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月03日

節分祭

setubun.jpg明日は立春。暦の上では春、なのに今日の東京は大雪です。
佃の町は、一面の銀世界です。朝から豆まきを楽しみにした子どもたちが雪の境内を窺っています。佃はあまり車が通らないので、なかなか雪がなくなりません。こんな風景もいいものですね。
posted by KZ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月26日

新年顔合せ会

yumihari.jpg2008年1月26日、晴海のマリナーズコートにて新年恒例の顔合わせ会が行われました。
矢田美英中央区長、深谷隆司衆議院議員、立石晴康東京都議会議員、矢吹和重中央区議会議員他、各界のそうそうたる方々のご出席を頂き盛会に執り行われました。
冒頭の挨拶で、瓜生講元は、祭りは住吉講だけではできない、皆様の協力あってこそ、いい祭りができる。今年度の大祭に向けて皆様のご協力を賜りたいと述べた。
sinnenkai.jpg
続いて来賓を代表して、矢田中央区長は、ご祝辞のなかでこの度のNHK朝の連続ドラマ小説「瞳」でこの周辺が一層注目浴びることになる一方、本年は三年に一度の住吉神社の大祭、昨日勝どきに完成したThe Tokyo Towersには、2500世帯以上の入居があり、この方達が新たに氏子として組み入れられ、これにより過去最高の盛り上がりを見せると述べられた。


posted by KZ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月25日

西田敏行さんと前田吟さん

hitomi2.jpg2007年11月25日
この日は、飯島直子さん演じる瞳の母親、一本木百子(ももこ)の父親役である西田敏行さんとその友人役の前田吟さんが写真撮影にきました。
本社横にある神輿殿の前で八角神輿を前に記念撮影です。両脇に立っている人たちは、本物の佃住吉講の世話人達です。


hitomi3.jpg
皆さんが着ている揃衣は平成17年度のものです。毎回作り替えるのですから、お金がかかりますね。
下の写真は、住吉講庶務の瓜生正高さんと飯田知誉さんです。ところで、西田さんの長髪、気になりますね。本当の担ぎ手の人たちは、ほとんど短髪です。
posted by KZ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月20日

NHK朝の連続テレビ小説「瞳」クランクイン

hitomi.jpg2007年11月17日
住吉神社境内において、NHK朝の連続テレビ小説「瞳」のクランクインが行われました。
主演の一本木瞳役の營倉奈々さんや瞳の母役の飯島直子さんらが本社拝殿で番組の成功と撮影収録の安全祈願が執り行われました。

posted by KZ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記